コレステロールのお話
2015 / 07 / 13 ( Mon )
 コレステロールは、体にとって欠かせないものです。しかし、血液中のコレステロールが多い状態が長く続くと、動脈硬化を起こし、動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因となるため、注意が必要です。
 
 血液中のコレステロール値の80%は肝臓で作られます。食品に含まれるコレステロールが吸収されたものは10~20%にすぎません。コレステロール値を効果的に下げるには、コレステロールを多く含む食品を減らすことよりも、

・コレステロールの合成を増やす食品を減らすこと、
・コレステロールを合成させにくい食品を増やすこと

が大切です。

【コレステロールを上げる食品】
脂身の多い肉、即席めん、卵黄、バターやチーズなどの乳製品、チョコレート

【コレステロールを多く含む食品】
イカ、タコ、卵、エビ、魚卵、レバー

【コレステロールを下げる食品】
果物、大豆食品、野菜、海藻類、青背の魚

これらを参考に、上手に食品を選んで、楽しく食事ができるとよいですね!

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

09 : 31 : 26 | 健康メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<熱中症、日射病にご注意を! | ホーム | 7月の子育て支援情報>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://happyclinic0888.blog8.fc2.com/tb.php/331-9e67a6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |